コンタクト

メールアドレス:
アドレス(URL):
誕生日: 1972年 7月 25日

1行紹介

能楽狂言方和泉流  故・十二世野村又三郎に師事 公益社団法人能楽協会会員

自己紹介文

先祖代々の埼玉人。現在東京都東村山市在住。但し二軒先は埼玉、最寄り駅も所沢駅で、ほぼ埼玉のようなところ。

狂言との出会いは小学生のとき。国語の授業で「附子」が扱われていたのと、家族で行った狂言会で「仁王」「蝸牛」「釣狐」をみた。
そのまま狂言の存在は忘れていたが、高校一年(昭和63年)のときにたまたま縁があり、狂言を趣味として習い始める。小学生のときにみた狂言がわりと面白かったのと、変わったこと好きだった為で、軽い気持ちだった。親としては、小声でボソボソの私の喋りが直ることを期待してやらせてみたのかもしれない。
誘って一緒に始めた級友の奥津氏と、高校三年になるまで受験勉強そっちのけでやっていたため、当時東京芸大に入学したばかりの信行(当代又三郎)氏から「来年芸大を受けて、舞台を手伝ってみないか」と声をかけられ、本格的に狂言の道へ。
…以来二十年。平成20年秋に、狂言役者の成人式ともいえる大曲「釣狐」を披く。
これからもどんどん突っ走っていきます!

好きな言葉
「(能より)狂言のほうが面白いよ(笑)」 私が入門した日の、先代野村又三郎信廣師の話

好きな狂言
靱猿 末広 川上(野村派本のもの) 鬼瓦

趣味
料理 自然 古書探し 音楽 美術 民俗 食べる

好きな食べ物
郷土料理 エスニック 滋味のあるもの すし(特に貝類と青魚) そば うどん

苦手な食べ物
凝りすぎた蕎麦 くどいもの しつこいもの

ペット
「かめっこ」(ホルスフィールドリクガメ)

興味のあること

くうこと