« のの狂言 | トップページ | もう涼しくなるなんて »

薪能くるす桜

薪能くるす桜
薪能くるす桜
薪能くるす桜
岐阜県郡上市大和町の明建神社で催されて21回目になる薪能「くるす桜」です。実行委員会を組織する地元のかたがたの熱意には頭が下がります。

私たちも出演をとても楽しみにしています。長いかたは第一回から二十一年、私もほぼ二年に一度きて十年以上になります。
私が初めて「くるす桜」のアイ連歌師をしたのが、どうも98年だったようです。当時20代なかばで連歌師の宗匠には若すぎましたが、10年経って多少はそれらしくなったかもしれません。このアイはとても楽しい。まったくそれらしくなるまでずっとやっていきたいものです。
年をとり、演目に工夫を重ねて、成長と成果をみていただける。なかなかない機会です。

今年は途中からの雷雨で、くるす桜が半能になってしまい、アイをやれなかったのは残念でした。
もちろんお客さまも大変で、気の毒でした。

毎年八月七日、またのかたも初めてのかたも、ぜひおいでください。
鮎の塩焼も待ってます。

« のの狂言 | トップページ | もう涼しくなるなんて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4150/42100902

この記事へのトラックバック一覧です: 薪能くるす桜:

« のの狂言 | トップページ | もう涼しくなるなんて »