« 京都観世会9月例会 吹取 | トップページ | 狂言やるまい会 東京公演 11/4 »

口真似 9/21国立

残暑がしぶといですね。もう涼しくなるか、来週はなるか、と思っているのに、なかなか。

ですが日数は少しずつ進み、だんだんと「農繁期」ならぬ「能繁期」という季節になってきました。
ま、そういっても私はまだ暇な方なんですけれど。

今週は金曜日に国立能楽堂で定例公演があります。

狂言「口真似」 野村又三郎 野口隆行 奥津健太郎
能「羽衣・盤渉」 金井雄資 福王和幸 ほか

私は口真似の主です。

昔、豊臣秀吉、徳川家康、前田利家の三人が「耳引」という狂言を演じたという有名な番組があって、その耳引というのは現在の「口真似」だろう、という説があります。もうひとつ「井杭」だという説もあります。今のやり方で実際に耳を引くのは井杭のほうなのですが、口真似も昔は引いたんだとか。

決定的にこっち、といえる判断材料はないのですが、又三郎さんは「耳引=口真似」派です。「素人がやるんだから井杭なんかできないだろう?」とのこと。まぁ秀吉の能ぐるいは相当なものですから、秀吉は井杭ぐらいやれそうではありますが、他の二人もちゃんとおぼえられたかどうかと考えると一理あります。井杭はセリフ量もそこそこありますが、タイミングも難しく、三人揃ってしっかり練習しないとやれないかな?とは思います。

いずれにしても、それだけ口真似は単純なお話です。単純な笑いをストレートに演じて楽しませることにかけては、又三郎さんはなかなかのものだと思います。どうぞお楽しみに。

« 京都観世会9月例会 吹取 | トップページ | 狂言やるまい会 東京公演 11/4 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都観世会9月例会 吹取 | トップページ | 狂言やるまい会 東京公演 11/4 »