« 2013年2月 | トップページ | 2013年5月 »

人を馬

四月の国立能楽堂の公演で「人を馬」があります。 今日は奥津くんのお宅で、それの稽古です。

大名が新参者を召し抱えるという型の狂言で、私は新参者です。
他の類型曲の新参者は「弓、鞠、包丁、碁、双六、馬の伏せ起こし、やっと参った(相撲)などを致します」という、じつに多芸の優秀なひとなのですが、この私は「芸はござりません」というじつに無能な人物。ところが、あっそういえば…と一つ思い出した芸がなんと「人を馬にする」という秘法。
見事皆様のまえでお目にかけられますかどうか。

先頃、埼玉方面の私鉄が東京の地下鉄経由で東急東横線とつながりました。わたしも奥津くんのいえに行くのに、当初は二回乗り換えしていたのが、とうとう乗り換えなしでこられるようになりました。
車内で過ごす時間が長いと、台詞を覚えるのによいのです。が、今日は途中て寝てしまいました。
さて、約束の時間ですので行ってきます。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年5月 »