« 也留舞会発表会無事終了 | トップページ | クジラのヒゲ »

福山八幡宮薪能

今日は広島県の福山八幡宮薪能でした。
福山城の近くにある大きな神社です。社殿が高いところにあり、その下の庭、樹が生い茂った斜面を背景にした、良い雰囲気の場所です。

しかし、三時頃から小雨が降りだし、やれるのかなどうなのかなと気を揉み通し。ダメなんじゃないの~と話しながら、五時に会場に入ったころは、むしろ少し強く降っていました。

それなのに客席には、すでに数十人のお客様が、 六時半の開演を信じて傘をさして待っている。なんて熱心なお客様なんでしょう。自分の諦めムードを反省して、このかたたちになんとか観て帰ってもらいたいものだとおもいました。

そして六時半ごろ、なんと雨はあがったのです。もうお客様たちも傘をたたんでいました。

舞台袖の小屋にはいり、手早く準備をして、20~30分遅れでの開演となりました。
ご神火を薪にうつす火入れ、仕舞、それから狂言「杭か人か」。狂言をやっているうちにまた降りだして、そのあと少し休憩。こやみになったので舞囃子「藤戸」、そして能「鉄輪」。
終わってみれば、すべて番組どおりに実施できたのでした。

みなさんの日頃の行いがよかったのでしょうかね。でも考えてみると、私達たち狂言だけが雨にうたれたのでした。日頃の行いのせいですか。そうですか。

ホテルの部屋で又三郎さん藤波さんと手分けをして装束を干して終了しました。
お疲れさまでした。
IMG_20130728_215306.jpg



« 也留舞会発表会無事終了 | トップページ | クジラのヒゲ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 也留舞会発表会無事終了 | トップページ | クジラのヒゲ »