« 狂言三の会 10/19名古屋 | トップページ | 武悪の鼻 »

国立能楽堂30周年

先日の話ですが、千駄ヶ谷にある国立能楽堂が開場30周年を記念して、豪勢な番組の催しをしました。

番組をみていて、昔ならばこういうのは将軍や大大名が催したものだろうけれど、将軍も大名もいない現代にこれができるのは国立能楽堂だけだろうなと思いました。周年の祝賀のために能楽師たちが集まって特別なものを演じるなんて、国立能楽堂が「お上」のかわりなのかなぁと。なんとなく違和感があるのですが。
でも私は国立能楽堂が出来てから能楽界に入りましたが、それより前に、国立能楽堂建設を働きかけ待ち望んでいた世代の先生がたは、やはり祝賀気分もひとしおなのでしょうか。

私も地謡や後見に入れていただきました。地謡は、萬先生の「庵の梅」、萬斎さんの「老武者」。 同じ和泉流でも他家の狂言を謡えるのは嬉しいことです。
「庵の梅」は能の老女物にたとえられる大曲ですが、ここへきて萬先生は、野村又三郎派・山脇派系統の演出を取り入れて、ご自身の庵の梅をつくられたのにはおどろきました。よほど熟考された上でのことでしょうし、そのような舞台に加えていただけたことは本当にありがたく思いました。
「老武者」は以前、万之介先生のシテで、本当に老人と若者の演者に別れて演じた公演があり、そのときも地謡をしました。万之介先生はあまりご健康でなかったのでリアルに老人ぽく、うちの先代又三郎師は最年長なのに一際元気にみえたことなどを思いだし、お二人とも故人となられたこと寂しくおもいました。
私達も国立能楽堂60周年ぐらいまでは元気に出たいものです。



« 狂言三の会 10/19名古屋 | トップページ | 武悪の鼻 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 狂言三の会 10/19名古屋 | トップページ | 武悪の鼻 »