« 昆布売 こぶうり | トップページ | 松楪 »

歌争

明日は国立能楽堂主催公演で「歌争」アドをします。

初めにこの曲を先代又三郎師にお稽古していただいたとき、型の稽古で、最後の相撲で負ける役が一回目と二回目で替わってしまいました。私と奥津くんとが相撲で組み合ってぐるぐるまわっているあいだに、先生が勘違いなさったようで。私たちも、あれ?と思ったのですが、そのままお稽古が仕上がってしまって謎のままに…
それ以来のことで、漸くほんとうの結末がわかりました。(笑)

それとは話がちがいますが、この話は大蔵流和泉流とも、シテとアドが入れ替わったり、言う台詞が入れ替わったり、いろいろになっています。お客様のほうでは、みるたびに違う、なんてことになるかもしれません。
又三郎家の本でも、シテがひとりでとんちんかんな事を言う仕方と、シテとアドでそれぞれ言うのと、二通り伝わっています。どちらのほうが面白いというほどの差はありませんが、演じかたがすこし変わってきますね。



« 昆布売 こぶうり | トップページ | 松楪 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昆布売 こぶうり | トップページ | 松楪 »