« 松楪 | トップページ | 乱能 »

狂言やるまい会 東京公演第30回記念

野村又三郎主催、東京では年に一度の狂言会です。
今回私は狂言三番全てに出ます(内一番は地謠)。
見ごたえのある番組ですので、ぜひおいでください。

第30回記念 狂言やるまい会東京公演
11月15日 土曜日 午後1時半開演 喜多能楽堂

狂言《文蔵》祝言ノ留  野口隆行 野村又三郎

狂言《石神》 奥津健太郎 松田高義 野口隆行

素囃子《水波之伝》 成田寛人 船戸昭弘 河村眞之介 加藤洋輝

狂言《唐人子宝》  野村又三郎 井上松次郎 奥津健太郎 伊藤泰 野村信朗 奥津健一郎 井上蒼大

5000~3000円 学生各席千円引き
チケットお申し込みは私まで。
nono.noguchi@nifty.ne.jp

チラシの解説があまりに短いので…

文蔵
狂言方がつねづね能の間狂言で鍛えている「語り」を活用したはなし。太郎冠者が「とってもおいしいものをご馳走になったんですよ。え~と、あれです、あれ。」ということから、主人が源平の戦物語を大熱演して思い出させる羽目に。

文蔵の語りは動作をまじえた「仕形話」で、とても面白いものです。迫力のある語りですが、食べ物の名前を思い出させるためという落差がおかしみを誘います。
東京芸大能楽専攻の卒業演奏会で、野村万作先生ご指導で狂言語りとして上演しまして、以来思い入れがあります。「那須語」を披く前段階としても、とてもよい経験になりました。先代又三郎先生からもお稽古としては教わりましたが、狂言で上演するのは初めてです。
また今回は祝言の留というめでたい終わりかたで、装束も常とは変わり、格が一段あがります。ぜひご覧いただきたいとおもいます。


石神
大酒のみの夫から別れたい妻が、松田高義さんのところへ話に行くと、「まぁそうすぐに決めずに、石神様にお告げをきいてみたらどうですか」とすすめられる。さてその石神様、じつは夫が変装して座っていて…さてさて。

石神のお告げとは言葉ではなくて、離縁の是非をたずねて石神が上がるか上がらないか、というものです。この石神とは、京都市上京区にある「出雲路幸神社」のことであるようです。石で彫った神像ではなくて石が祀られていて、道祖神とも言われ、夫婦和合の神とされるようです。陽石であることから、妻がこれを抱える姿にエッチな連想をするおかしみもあったのかもしれません。
私の演じる妻役について話をしますと、石神を持ち上げるときに歌をうたったり、あとで「狂言神楽」という舞をまったりするところが、普通の妻と違う演じどころでしょうか。「狂言神楽」は鈴を振って舞い、三番叟の鈴之段と似ていることから、それなりに大切に扱われていますが、三番叟のほうが遥かに重要なものですから、実際のところ共通する感覚で舞うことはありません。


唐人子宝
九州某所の御屋敷に長年仕えている唐人のもとに、唐の国から子供二人がはるばる迎えにくる。しかし唐人には日本にも子供が一人いて、主人からは「日本の子供を唐へ連れ帰るのは認めない」といわれる。唐の子供は「お父さんと帰れないなら僕たち刺し違えて死にます!」という。ああ、もういっそ自分が死んでしまおうか。

狂言としては異色かつ大がかりなものです。表面的には、唐人たちの話す「唐音とういん」というカタカナ中国語が面白く、小道具も多く、シテ唐人による「狂言楽」の舞も見ものです。
因みに唐音は、デタラメ中国語にしている家もありますが、又三郎家には唐音の伝書があり、現在の北京語に近い言葉で書かれているそうです。私も中高生のときにラジオ中国語講座をきいていましたので、唐音を聞いてわかるものもあります。
子供が三人必要なこともあり、たいへん上演が稀なのですが、国立能楽堂の上演記録ビデオをみたところ、過去には三宅派の上演が二度あったようです。ですがどちらも改作上演。このような曲は昔から上演のつど手を入れた可能性はありますが、今回はほぼ和泉流本来の台本に則ったものという点でも貴重です。



« 松楪 | トップページ | 乱能 »