« 唐人子宝のテレビ放映 | トップページ | いたずらもの »

井筒と楊貴妃のアイ

今日は大学の同期である、観世流の坂真太郎くんのご社中発表会において、能の「井筒」と「楊貴妃」の間狂言をさせていただきました。井筒のほうは私も初めてで、たいへん勉強になりました。

さてこの二曲、どちらも優美な女性がシテの、鬘物とか三番目物とかいう演目で、三番目物の間狂言は他に比べて、格が、難易度が高いとされています。
ですが、今日の二曲の間狂言はそれぞれまるで違う。井筒は典型的な居語りで、楊貴妃は最初にちょこっと道を教えるだけのアレッというほどの役です。やりがいでいえば、井筒のほうが断然!あります。

ところが楊貴妃のアイは案外くせ者です。死後の楊貴妃の魂魄が住む蓬莱の島にいる住人・「常世(とこよ)の人」です。なんなんでしょうこの人。やはり死者なのか、異界の人というべきか。
狂言方が演じる異界の人というと、ほとんどは鬼か、末社の神かというところで、面をつけます。楊貴妃のようなわけのわからない役は、ほとんど無いのではないでしょうか。

今日の楊貴妃のワキをなさった安田登さんは、このワキが常世の国に来る道行きの謡について、「夢の中のように」と教わったのだそうです。
ではアイは、「夢の中に出てきた普通の人のように」ということになりそうですが…
しばらく悩んでみます。

« 唐人子宝のテレビ放映 | トップページ | いたずらもの »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 唐人子宝のテレビ放映 | トップページ | いたずらもの »