先日の公演

Act of Betrayal 無事に2公演終了いたしました。ご来場いただいた皆様ありがとう御座いました。

オペラやパントマイム、洋楽、邦楽、そして能の方と、それぞれがいつもの自分の舞台とは違うところに立ち、演技をすることで、そこでそれぞれの人が出してくる「自分のもの」が見られて大変興味深い体験になりました。
曖昧な話になってしまいますけれど、ちょっと具体的に言えば、やはり能狂言の私たちが活用したのは、『間(ま)』というものだったと思います。日本の文化の「間」なんてことは、それこそ手垢が付いたほどの月並みな言葉ですが、改めて実感しました。
間は、あいだをとった空白とか、何もしない時間ではなくて、間に意味を持たせる。むしろ、せりふや動作という説明以上の演技がそこにある、というぐらいの意味をこめます。
最初は渡された台本のせりふを読み合わせ、普段の古典とは語彙も発声も抑揚も違って、まったく自分の言葉にならない、どこから声が出ているのやらという感覚で言っていたものですが、何度もやって考えているうちに、「間」を作っていうようになる。すると俄然自分の言葉になってくるのです。これは本当に面白いものです。
もうひとつ私達が使った能楽の技術は、「じっとしていること」でしょうか。これもまたいろんな意味があります。他の人がせりふを言っているあいだ、ただじっとしているということもあります。そのあいだにも、自分がここにどれぐらいの重さで存在しているのかを考えて、存在感を薄めたり、逆にしっかりといたりします。じっとしているだけですから違わないのかもしれませんが、意識が違うのです。
また、じっとしていることは動作の「間」でもありますから、これまた先ほどのせりふと同じ意味が出てきます。
そんなわけで、シテ方の浅見慈一さん、私たち狂言の二人は、本番が近づくにつれて、どんどん場面の時間が長くなっていってしまったのでした。笑
また狂言というのはオペラと能のあいだを行ったりきたりするのにとっても便利なもの(というか、そういう技術を持った芸能)なんだなということもわかりました。常々本狂言で主役にもなり写実風な演技もし、また能の間狂言として様式的な語りをし、一曲の中で出過ぎず、つなぎ役という立場を考えた演技もしているので、こういうことに対応しやすいのではないかと思います。
これが仮に、オペラと狂言のあいだを能のシテ方が行ったりきたりするってのは考えにくいよねと、奥津くんと話して笑いました。
今回の劇に参加したことは、新しい体験ということも貴重だったのですが、自分たちの普段やることを改めて見直すということに、とても有効な体験だったのでした。
整理しない殴り書きで失礼致しました。

彌々稽古大詰

連日の劇の稽古、明日はお休みで、明後日あって、明明後日は申合せです。

演技がふだんの狂言のような型になっていないので、未だにちょこちょこ変えてみたりして気分が落ち着きませんが、明日中に型に変換しようとおもいます。

一番初めの読み合わせのときは台詞に馴染めず、この役は狂言方の自分じゃなくてもいいんじゃないかと、自分に対する違和感に悩みましたが、いまは自分の役だと思えるようになりました。
今日聞いた話ではシテ方の浅見慈一さんも同じだったそうで。いえ、シテ方のほうがその悩みはもっと大きかったようです。

そんな慈一さんもずいぶん調子がでまして、いまは家来の私に重みのある台詞をずしんずしんとぶつけられます。こちらもしっかりと体に力を入れていないと押されてしまいそう。
オペラやマイムのかたとも、はじめは異分野のひとと交互に出ているような気がしていましたが、いつの間にかそんな感覚もなくなり、ひとつの舞台をやっている実感にかわっていました。

おもしろいものがうまれてきました。おたのしみに。
残席もまだありますよ。



Act of Betrayal 稽古中

代々木能舞台で劇の稽古をしてきました。一週間後の本番に向けて、いよいよ追い込みです。
P_20140311_140046.jpg

オペラの方には能舞台公演も初めてでない人もいるそうで「能舞台いいよね。よく響くし。」と話していました。あれだけ響く声がでるなら舞台で響かなくてもよさそうなものですが、温泉大浴場効果で気持ちいいんでしょうかね。私達は大きい劇場にいくと、背後や頭上へ音が吸われている感覚があります。普段いいとこでやらせてもらってるんですね。

この舞台は今回メインキャストのひとり浅見慈一さんのお住まいに併設されているものですが、稽古ばかりでなく公演にも利用されています。登録文化財のとてもすてきなところです。ふつうの能楽堂とは違う雰囲気でたのしめますよ。 http://www.yoyoginoubutai.com/



秀句傘

昨日は名古屋能楽堂定例公演で秀句傘の太郎冠者をしてきました。
うちでは滅多にやらない曲ですが、私はなんとなく気に入りました。もっとも、粟田口の類曲で、比べれば粟田口のほうがよくできているとはおもいます。

傘についての秀句(言葉のシャレ)がいくつも出てくるはなしで、それが理解できない大名がシテなのですが、実は私たちも二つほど、どこがシャレなのかわからないものがあって、楽屋で「こういうことだろう」「いや違うんじゃないか」と話していて、結論は出ず。またゆっくり考えます。

曲の最後に、大名が小歌をうたいます。これもちょっと意味がよくわかりません。
「雨の降る夜は、なおりゃり候そ。傘ゆえにこそ、身はほるれ。」
他流では、傘ゆえに名がたつ(雨の日はこないでね。傘はぱらぱらと音がして、男が通ってくるのが知られてしまうから。)という歌なのだそうです。和泉流のは、傘だから私は惚れちゃうのと言ってます。傘さす男はかっこよすぎて困るのでしょうか?



京都観世会

今日は箙のアイと梟山伏の病人の親を勤めてまいりました。

箙はたぶん三回目。勝修羅もので、戦語りを威勢よくやればおもしろいですけど、気合い入れすぎると那須の語みたいになってしまいますから、臨場感の薄め加減がむずかしいですね。そのときのおシテの雰囲気によって変えてもいいかなと思います。

箙の梅の由来のあと、ちょっとわかりにくい話がありました。
元の伯顔という大将が宋を平らげ、北方へ帰るときに、何も奪わずただ梅を一枝持ち帰った。『担頭不帯江南物、只挿梅花一両枝。』という詩がある。名将は似たことをするんですね、という話でした。

梟は、病人の父の場合と、兄の場合とがあります。今日は病人が中学生の信朗くんでしたので、私は父でした。山伏の台詞に、病人をみて「かわいや」「むつけたのう」などとありますので、もとは子の設定なんじゃないかと思います。



名古屋帰り

今日は名古屋能楽堂特別公演でした。定例公演の拡大版みたいなものです。能二番と狂言、舞囃子仕舞で、シテ方は五流出演です。

狂言の懐中聟、狂言共同社の中に私一人、異派が入りました。言葉も違いますが、呼吸やテンポも違うのをかんじます。

留めの能は融。楽屋で佐藤友彦先生が、「おやじは『融や田村のアイなら逆さまにも語れる』と言っていた」と話していらっしゃいました。それほど融や田村は人気曲ということ。たしかに私も既にそれぞれ三回ぐらいずつは経験があったとおもいます。
考えてみれば融には小書きもとても多い。シテ方が演じて楽しい曲でもあるのかもしれませんね。



師走に入り

ご無沙汰しておりました。
このところフェイスブックやツイッターに手を出し、あれこれやっていましたが、やはりブログもいいなと思い、また書いています。少なくともツイッターは私には合っていないように思います。文章の長さの面でもそうですが、人付き合いの面でも。

さて明日から師走。八日の「やるまい会」までに、役が五役も。続いてしまうときはあるものですね。めまいがします。

あすは名古屋能楽堂定例公演で、珍しい『懐中聟』の教え手という役。いじわるなひとの役です。
その後、やるまい会の『仁王』の稽古。全員揃っての稽古です。仁王は私が初めて生で見た狂言のひとつだったと記憶しています。すごく楽しかった。私も頑張ってつとめます。



武悪の鼻

先日、東京目黒区の小学校で狂言教室をしてきました。同僚O君が目黒区民なので、そのような話をいただくようになり、年に数校ずつ実施しています。

小学校6年生あいてで、まず国語の教科書に載っている「柿山伏」の実演。それから体験があって、O君が狂言の面の話をします。
狂言の面といえば、やはり乙と武悪は外せない、といっていいでしょう。他には、猿、狐、けんとくなどを出すこともあります。
ところ武悪を見せると、必ず返ってくる反応が、「鼻の穴でけー」です。

武悪をつける役、鬼ですが、動きがけっこうあるので、目も鼻も穴を大きくあけて周囲を見やすくしているのだと思います。それと強い大きな声をはっきりと外に出すためということもあるでしょう。

O君はそこでたいてい「小学1年生にみせると、鼻の穴に指突っ込みたがるんだよね」といいます。そういえば私も、子供の頃は神社の獅子舞の獅子の鼻の穴に指を突っ込んでいました。みんなやっていました。
でも先日の学校では案外、6年生なのに指を突っ込みたがっていました。しかも女の子まで、2本の指を立てて…。校風でしょうかね。

国立能楽堂30周年

先日の話ですが、千駄ヶ谷にある国立能楽堂が開場30周年を記念して、豪勢な番組の催しをしました。

番組をみていて、昔ならばこういうのは将軍や大大名が催したものだろうけれど、将軍も大名もいない現代にこれができるのは国立能楽堂だけだろうなと思いました。周年の祝賀のために能楽師たちが集まって特別なものを演じるなんて、国立能楽堂が「お上」のかわりなのかなぁと。なんとなく違和感があるのですが。
でも私は国立能楽堂が出来てから能楽界に入りましたが、それより前に、国立能楽堂建設を働きかけ待ち望んでいた世代の先生がたは、やはり祝賀気分もひとしおなのでしょうか。

私も地謡や後見に入れていただきました。地謡は、萬先生の「庵の梅」、萬斎さんの「老武者」。 同じ和泉流でも他家の狂言を謡えるのは嬉しいことです。
「庵の梅」は能の老女物にたとえられる大曲ですが、ここへきて萬先生は、野村又三郎派・山脇派系統の演出を取り入れて、ご自身の庵の梅をつくられたのにはおどろきました。よほど熟考された上でのことでしょうし、そのような舞台に加えていただけたことは本当にありがたく思いました。
「老武者」は以前、万之介先生のシテで、本当に老人と若者の演者に別れて演じた公演があり、そのときも地謡をしました。万之介先生はあまりご健康でなかったのでリアルに老人ぽく、うちの先代又三郎師は最年長なのに一際元気にみえたことなどを思いだし、お二人とも故人となられたこと寂しくおもいました。
私達も国立能楽堂60周年ぐらいまでは元気に出たいものです。



福山八幡宮薪能

今日は広島県の福山八幡宮薪能でした。
福山城の近くにある大きな神社です。社殿が高いところにあり、その下の庭、樹が生い茂った斜面を背景にした、良い雰囲気の場所です。

しかし、三時頃から小雨が降りだし、やれるのかなどうなのかなと気を揉み通し。ダメなんじゃないの~と話しながら、五時に会場に入ったころは、むしろ少し強く降っていました。

それなのに客席には、すでに数十人のお客様が、 六時半の開演を信じて傘をさして待っている。なんて熱心なお客様なんでしょう。自分の諦めムードを反省して、このかたたちになんとか観て帰ってもらいたいものだとおもいました。

そして六時半ごろ、なんと雨はあがったのです。もうお客様たちも傘をたたんでいました。

舞台袖の小屋にはいり、手早く準備をして、20~30分遅れでの開演となりました。
ご神火を薪にうつす火入れ、仕舞、それから狂言「杭か人か」。狂言をやっているうちにまた降りだして、そのあと少し休憩。こやみになったので舞囃子「藤戸」、そして能「鉄輪」。
終わってみれば、すべて番組どおりに実施できたのでした。

みなさんの日頃の行いがよかったのでしょうかね。でも考えてみると、私達たち狂言だけが雨にうたれたのでした。日頃の行いのせいですか。そうですか。

ホテルの部屋で又三郎さん藤波さんと手分けをして装束を干して終了しました。
お疲れさまでした。
IMG_20130728_215306.jpg



より以前の記事一覧